MENU

単身パックと赤帽、どっちが引越し料金安い?

赤帽

引越し業者を使わずに、運送業者である赤帽を使って引越しをする方法があります。

 

赤帽は軽貨物輸送業者なので、正確にいうと引越し業者ではありません。ただし、引越しをお願いすると激安で引き受けてくれます。

 

赤帽で引越しをするメリットとデメリット

激安価格で引越しができる赤帽のメリットとデメリットをしっかりと把握することが大事です。

 

赤帽のメリット
料金が圧倒的に安い

私が大学生のころ東京都内に住んでいましたが、
その時に引越し業者の単身パックで見積もり金額を算出した時は、1万5000円でした。

 

一方、赤帽に電話をして聞いたところ1万円で引越しができるとのことでした。

 

引越し先まで乗せてくれる

現住居から新居へ引越しをする時に、荷物を積んだあとに助手席に乗せてもらうことができます。
新居へ移動する交通費や手間が省けます。

 

もし長距離の引越しなら、交通費が浮いてお得ですね。
ただし、ずっと助手席に座って、赤帽のおじさんと一緒にドライブになるので、
会話が続かない場合や、タバコのにおいが苦手などの方は苦痛かもしれませんが、、、。

 

赤帽のデメリット
運べる荷物量に限界がある

赤帽は引越し料金が安い分、1台の軽トラックに載せられる荷物の量に限界があります。
目安としては冷蔵庫、洗濯機、ベッドなどの大型家具とダンボール10箱程度となります。

 

万が一、赤帽の軽トラックの荷台に積み切らなかった場合、
往復をしてもらうか、自分で運ぶかの選択肢しかありません。

 

往復してもらう場合は、料金が倍になってしまう可能性があるので、
通常の引越しプランよりも割高になってしまうかもしれません、、、。

 

トラブルが起きた時に補償がない

赤帽は引越し業者ではなく、運送業者なので、
引越しの際に荷物が破損したり、壁の養生もないので、
万が一、壁が傷ついたとしても補償はありません。

 

大事な家財は自分で運ぶか、引越し業者にお願いしたほうが良いかもしれませんね。

 

単身パックと赤帽、どっちが安い?

私は引越し業者の単身パックと赤帽、両方とも利用したことがあります。

 

結論、料金面で比較すると赤帽の方が安くてオススメです。
料金だけで判断すると、単身パックよりも数千円、安く引越しができるからです。

 

しかし、補償をつけて安く引越しをしたいなら単身パックがオススメです。
引越し業者は、引越しの専門家でありプロフェッショナルなので、
安心して荷物を任せられますからね。

 

⇒参考ページ:【単身パック】料金が安い引越し業者を徹底比較!