MENU

【単身パック】料金が安い引越し業者を徹底比較!

男

引越し料金を安く抑えたい時は、引越し業者の単身パックが1番オススメです。

 

単身パックは通常プランと比較して、格安の料金体系となっているので、
大幅に引越し料金の負担を減らすことができるのです。

 

大手から中小の引越し業者まで国内で250社以上ありますが、
一体どこの引越し業者の単身パックがオススメでしょうか?

 

どの引越し業者の単身パックを選ぶかによって、
1,0000円から20,000円、場合によっては5万円以上も料金が変わります。
まずは各引越し業者の単身パックの相場を把握するために、
事前に一括見積もりサイトを利用してシミュレーションをしましょう!

 

引越業者一覧

>>無料の一括見積もりサイトはコチラ!最安値の単身パックを探す<<

 

複数の引越し業者の単身パックの料金を比較するために、
即決せずに一通り情報を集めましょう。

 

引越し料金の相場を把握しておくことで、値下げの交渉材料が増えて、
かつ足元を見られた金額を要求されることはなくなります。

 

単身パックに向かないひと

 

単身パックは、単身者向けの引越しプランとなりますので、家族で引越しをする方や
一人暮らしでも荷物が非常に多い方(ダンボール30箱以上)には正直オススメできません。

 

理由としては、荷物が多い方は、単身パックプランで使用する軽トラックに荷物が乗り切らずに
現住所と新居を往復する可能性があるため、通常のプランよりも割高になってしまうからです。

 

単身パックプランがあるオススメの引越し業者一覧

引越業者まとめ

  • 日本通運(日通)
  • クロネコヤマト
  • アリさんマークの引越社
  • サカイ引越しセンター
  • アート引越しセンター
  • ハート引越センター
  • 人力引越社

引越し業者の単身パックの料金は、
タイミングによって大きく変動します。

 

1社だけでなく最低でも3社以上に見積もりをして、
比較検討することがポイントです。

 

▼無料の一括見積もりはこちらから

 

単身パックの料金が決まる際の基準

引越し料金は、荷物の量×引越し時期×移動距離によって変動します。

 

荷物の量

荷物は少なければ少ないほど、料金が安くなります。
荷物量によって、トラックの台数や引越し業者の作業員の人数が決まりますので、
引越し業者側の人件費が高くなるため、比例して引越し料金も高くなるというカラクリです。

 

引越し前に粗大ごみやリサイクル、オークションで処分して身軽になることをオススメします。
要らない荷物は、断捨離をして整理整頓をしましょう。

 

引越し時期

1月の成人式以降から3月末まで、9月から10月までに引越しをする人が多くなり、
引越し業者側からしても、受け入れられる人数が限られるため、
引越し業者側は料金を高く設定する傾向にあります。

 

引越しの繁忙期を避けることで安く抑えられます。
タイミングをずらせる人は、1〜3月以外の閑散期に引越しをしてみてもよいかもしれません。

 

移動距離

近距離の引越しであればあるほど安くなります。
たとえば、2〜3駅の移動や、同じ市区町村内などの近距離引越しの場合は、料金が安くなります。
都道府県を超えて引越しをするなど、長距離の引越しの場合は高くなります。

 

移動距離が長いほど、作業員の拘束時間やトラックのガソリン代、高速道路代がかかるため、
引越し料金が高くなるというカラクリです。

 

近距離引越しなら単身パックではなく赤帽もあり?

もし1〜2km程度や、同じ区内での近距離引越しの場合は、
単身パックを利用せずに、赤帽を使うという選択肢もありです。

 

赤帽なら1万円前後で引越しができるので、
どうしても激安で引越しをしたいひとは赤帽を利用しましょう。

 

ただし、赤帽は荷物の搬送を手伝う必要があるため、
想像以上に体力を消費します。
翌日に筋肉痛になって動けなくなる場合もありますね。

 

またデメリットとしては、引越し業者ではなく輸送業者のため、
荷物が破損したとしても補償はありません。

 

さらに養生もないため新居の壁に傷が付くこともありますが、
すべて自己責任となりますので注意が必要です。